ボタン

伝えたい、残したい、盛岡の「ふだん」を綴る本

single-eventreport

Book Cafe てくり 当日の様子・開場編 |イベントリポート|

Book Cafe てくり・・・2008年6月14日(土)・15日(日)

e4-12

オープンの時間が迫ってきました。写真は2日目・朝の様子です。開場30分前からすでにお客さんの姿がちらほらと。初日は突然の強い地震と通り雨の中、軒下で多くのお客さんが開場を待っていてくださいました(ありがとうございます)。BookCafeてくり、いよいよオープンです!

e4-13

オープンと同時に、古本スペースはお客さんでいっぱいです。自分と好みの似ている箱をひとつ見つけると、その中から気になる本が何冊も見つかったり。そんなところに、普通の本屋さんとはちょっと違うおもしろさがあります。皆さん、お好みの本は見つかりましたか?

e4-14

板間の物販スペースもこの通り!(この時、スタッフは慣れないレジ作業に慌てふためいておりました。)今回のイベントではお子様連れのお客さんも多数ご来場くださいました。たくさん並んだシュライヒはお子さんたちにも大人気です。

e4-15

昼時、大忙しのキッチンをパチリ。この日も岩井沢さんのランチは早々に予約で完売!品数が多くて、器もきれい。しかも値段は600円。もちろん味も抜群なのだから、予約完売も納得なのです。

e4-16

2日目にはてくり3周年記念「マリンバとプリンの夕べ」が開催されました。演奏はマリンバ奏者・田中舘靖子さんです。低く、おだやかに響く音がとても心地よいマリンバ。アーチ状に並んだパイプがとてもきれいです。幾重にも重なって響くマリンバの音色と、やわらかな西日に包まれて、曲がり家にはしばし幻想的な雰囲気が漂うのでした。

e4-17

マリンバの音色にうっとりとした気分のまま、りんご箱古本市の表彰式に移ります。

売り上げ1位は北上市の雑貨屋「ATELIER」の横濱さん。パチパチ~ 優勝賞品はてくりcafeスペシャル詰め合わせセットです! てくりブレンド珈琲や、それからHolzさんの限定品イエサビも入った豪華なセットですよー。

e4-18

そして最後はお待ちかね、プリンの登場です。今年で7周年を迎えるプリン同盟(詳しくは本誌7号にて)。同盟は7周年だしてくりは7号だし、ここは「7」にちなんで、7段プリンに挑戦です! 写真は最後の1段に挑むプリン同盟会長の三河渉さん。がんばれ、会長!がんばれ、一番下のプリン!

e4-19

やりました!成功ですよ会長!7周年、おめでとうございまーす!10周年目の10段プリンも期待していますよ!

この後、集まった皆さんとこの7段プリンを食べ(おいしーい!)、機屋さんのコーヒーを飲み、そしてBookCafeてくりは終了したのでした。

この2日間、岩井沢家ギャラリーにはおよそ1000人ものお客さんが訪れてくださいました。これはスタッフの予想をはるかに上回る数でした。読者の皆さんから直接、本誌の感想やうれしいお言葉をかけて頂き、スタッフ一同、感激しております。

また、これだけ多くの方が集まったにも関わらず、ひとつのトラブルもなく無事にイベントを終えることができたのは、ご来場くださった皆さんのご協力やお気遣いのおかげです。

ご来場くださった皆さま、そして会場には来られなくてもイベントの成功を願ってくれた多くの皆さま、2日間本当にありがとうございました!

開催中、開催予定のイベント

終了したイベント